スポンサードリンク

がん 保険 比較



がんにかかると言う事は、けっして珍しいことではなく、2015年には2人に1人ががんで亡くなると言われているほど身近な問題です。がんは一度の入院や手術で完治すれば良いですが、再発する可能性が高くそのため治療費は莫大な金額になりかねません。がんと診断されても、安心して治療に専念できるには、がん保険が大きな支えとなります。

2000年の規制緩和以来、保険業界では外資系のみならず日本の保険会社もがん保険の取り扱いを始めました。各社各様のがん保険を用意していますから、じっくりと比較・検討して選ぶようにしましょう。がん保険の比較には、専用のポータルサイトが役に立ちます。「がん 保険 比較」などで検索すると、多くのがん保険比較サイトがヒットします。

がん保険比較サイトでは、主な保険会社(アフラック・チューリッヒ・三井住友海上など)のがん保険の要点が比較しやすいようにまとめられています。サイト独自の人気ランキングもあり、がん保険の比較で頭を悩ませている人の心強い味方になるでしょう。がん保険比較サイトでは、あなたが気になるがん保険の資料を一括で請求することができます。今はわざわざ保険会社に足を運ばなくても、電話やインターネットで手軽に資料請求することができます。しかし、それでも面倒に感じるものですよね。

がん保険比較サイトなら、複数社のがん保険の資料を一斉に取り寄せることができます。これはがん保険の比較には欠かせない、利用する人にとって便利なサービスです。気になる資料を取り寄せたなら、にらめっこしながらがん保険を比較しましょう。がん保険の比較というと、ついつい保険料にばかり目が行きがちですが、まず気にかけたいのは保障内容です。保険料負担をよく考えて給付条件などを比較すれば、きっとあなたにあったがん保険が見つかると思いますよ。




posted by 保険外交 at 16:02 | がん保険

スポンサードリンク

がん 保険



もしも今、がんと診断されたらあなたはどうしますか。日本人の死亡原因は、1980年以来がんがトップを走り続けています。がんは誰もが発症する可能性を持っており、年を重ねれば重ねるほど発症率は高くなります。2015年には、2人のうち1人はがんで死ぬようになるともいわれています。若いからとか年だからではなく、いつ誰ががんになってもおかしくない状態なのです。つまり誰もが、万が一がんになってしまった時の備えをしておく必要があるのです。

がん保険が初めて日本に登場したのは、外資系の保険会社「アフラック」が将来のがん社会を見通し、がん保険の発売を始めた、1974年です。日本におけるがん保険の販売は、長らく規制されていました。そのため外資系保険会社ががん保険の販売を独占し、アフラックが販売シェア85パーセントを占めていた時期もあります。2000年の規制緩和により、ようやく日本の保険会社もがん保険市場に進出し、今やがん保険は保険業界のキー商品となっています。がん保険を取り扱う保険会社が増えたことで、がん保険市場は激化し各社がそれぞれ個性を打ち出し、厚遇化が進みました。

がん保険は、対象をがんに絞り込んでいます。そのため、医療保険よりも保険料の負担が少なく、それでいて、がんと診断された時には大きな保障を享受することができます。現在、がんは治る病気ですが、いかんせんがんの治療費は高く家計に及ぼす負担は計りしれません。たとえがんになっても、治療費や生活費の心配をすることなく、安心してがんと闘うためにはがん保険が必要となるのです。


posted by 保険外交 at 20:16 | がん保険

スポンサードリンク

三井 生命保険



三井生命保険株式会社は、お客さま本位主義を基本方針とし、大正3年に創業した高砂生命保険株式会社を前身として、昭和2年三井財閥傘下の企業として発足した会社です。昭和22年に三井生命保険相互会社と変わりましたが、平成16年三井生命保険株式会社と改め、現在も三井グループに属する会社です。

三井生命の保険というと、矢印の「ザ・ベクトル」のCMを思い出す方も多いと思います。現在は内容を新しくし、ライフサイクルに合わせて見直せる総合保障型の保険「ベクトルX」として売り出しています。「ベクトルX(3年ごと利差配当付利率変動型新積立保険)」は、死亡保障か医療保障のどちらを重視するかを選択できる保険になっています。加入後2年経過すれば、ライフサイクルや保障ニーズに応じて、所定の範囲で保障内容見直しを行う事ができます。主契約は積立保険になっているので、不景気のときは特約の保障面を重視した方が良いかも知れません。また、保障が特約のため、基本的には定期保険になりますが、多少保険料が割高になりますが終身保険にすることも可能なようです。ホームページ上で、生年月日と性別を入力すると3タイプのモデルプランを見ることができるので試してみるのも良いと思います。

三井生命の保険には他にも有期型、終身型を選択する保険がいくつかあり、「医療保険α」もその1つです。「医療保険α」は女性特有疾患も保障できる医療保険になっています。有期型は10年更新になっているので、長期加入する場合は終身型を選ぶ方が良いでしょう。三井生命には年金保険が多く、資金の運用を三井住友アセットマネジメントが行っている保険も数多くあります。また、アクサ生命の限定告知型終身医療保険「応援歌」を三井生命で販売しています。

三井生命の格付は、2009年9月時点でスタンダード&プアーズBBB−です。ほかの大手保険会社と比べると、良いとはいえない状況ですが、2005年から見て評価は上向きのようです。三井生命の保険は年金保険を中心にかなりの品数があります。しかしホームページで確認できる情報が極端に少ないため、詳しい情報を知りたい場合は資料請求する必要があります。三井生命の保険を選択する場合は、資料請求してからじっくり検討するなど時間に余裕をもっておいた方が良いでしょう。


posted by 保険外交 at 13:56 | 生命保険 保険会社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。